作曲 作詞 センス

作曲・作詞センスを磨く方法はある?才能よりも大切なこととは

歌手になる上で、作曲・作詞センスを身に付ける方法

 

作曲・作詞センスについては、センスと書いてしまっている以上、

 

 

根本的な部分は変わらないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、様々な気づきがきっかけで、結果として変化が起こる場合は多々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、作曲。

 

 

 

 

 

今までギター一つだったのに、デスクトップミュージュク(パソコンで楽曲を作ること)

 

 

を始め、音楽の表現方法が広がったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

サビのもって行き方や、曲の構成法を学び、より受け入れられやすい曲となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

など。

 

 

作曲にはある程度ロジックが存在しますので、

 

 

上記のような“学べること”が増えると、その分曲も良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、「作曲センスが無い」と悩んでいる人も、まずはロジック等、

 

 

作曲の前提を学びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に作詞。

 

 

 

 

 

これもまたロジックで、例えば

 

  • 「歌詞はファンの特徴を捉え、その人たちが共感するよう書く」
  • 「世界観・語句を統一し、文字数も揃える」

 

 

等、当たり前のことを学ぶだけで、見違えるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから作詞に関しても、才能云々よりは、

 

 

まずは多くの歌手が前提として理解していることを、学ぶ必要があります

 

 

 

 

 

 

 

 

作曲・作詞センスが武器になるかどうか以前に、

 

 

これらが足を引っ張ってしまう事もよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも大丈夫。

 

 

前提を学べば、少なくとも足を引っ張るレベルは避けることができ、

 

 

ほかの武器を惹きたたさることが出来るようになりますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張りましょう。

スポンサードリンク


 
必要な技術 歌がうまくなる方法 デビューするための音楽活動 お問い合わせ