歌手オーディション 落ちた 理由

歌手オーディションに落ちた理由と、どうすればいいかについて

歌手オーディションに落ちたら

 

タイトルでは「オーディションに落ちたら」と書きましたが…

 

 

普通にオーディションは落ちます

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちまくるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、あなたの能力が如何に優れていたとしても、

 

 

事務所との相性で落ちることもざらにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、落ちてもいちいち悩まないことです。

 

 

 

 

オーディションに落ちる理由

 

 

オーディションに落ちてしまう原因として考えられるのは、以下の3つです。

 

 

 

 

1.あなたのレベル不足

 

 

これが、最も多い原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、仮に落ちてしまった場合には、

 

 

まずは自分の実力不足で落ちたことを理解しなければなりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが、相対的に劣っていたことを、理解しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこれは、「ヘコめ」と言っているわけではなく、

 

 

「劣っている部分を、鍛えなきゃいけないな」

 

 

と前向きになる必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めはオーディション、みんな落ちるもんなんですよ。

 

 

それを何回も受けて、改善して、受けて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、1次審査、2次審査、3次審査…最終審査と

 

 

上がっていくものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、まずは自分の足りなかった部分を理解し、改善すること。

 

 

これが大切です。

 

 

2.周りのレベルが、特に高かった

 

 

歌手の世界でもうまさに幅があるように、

 

 

そのオーディション単位でも極端にレベルが高い場合や、低い場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてあなたが受けたオーディションが、

 

 

たまたまレベルが高かった、ということも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしだからといって、「しょうがない」わけでは全くありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なくともオーディション内の1番になれば合格出来たわけですから、

 

 

結局はあなたが相対的に劣っていたに他なりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、同じオーディションをもう一回受けると、

 

 

すんなり合格できてしまう場合もあったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

「この事務所は難しすぎる…私には無理だ」と思う必要はないということです。

 

 

 

3.事務所のイメージに合わなかった

 

 

これも結構ありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は事務所によってアーティストにも色があって、

 

 

その色にあわない限り、所属することは難しかったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、オーディションを受ける前に、

 

 

一度自分の色と事務所の色が重なるか考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

考えた上でしたら、受けてみることも大切な経験となるでしょう。

 

 

 

 

おわりに

 

以上3つ並べましたが、大切なことは同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「落ちたら落ちた理由が必ず有り、
 
 
それに気づき治すことができれば、合格に近づく」

 

 

 

 

 

 

 

 

全くへこむ意味なんかないので、反省・行動して行きましょう。

スポンサードリンク


 
必要な技術 歌がうまくなる方法 デビューするための音楽活動 お問い合わせ