歌 曲 聞いてもらう

自分の歌・曲・声を聞いてもらう事の重要性について

自分の音楽・歌・声を公開することで、客観性も身につく

 

歌手志望者の多くの人が、この“客観性の重要性”を理解しておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは別のページで紹介した「歌手=歌唱力」という間違いも含みますが、

 

 

この勘違いを起こしている人が全体の9割と言っていいでしょう。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから逆に、この客観性を身につけると、残りの1割に入れるということです。

 

 

 

 

陥りがちな客観性の欠如

 

 

ここで、ありがちな客観性の欠如について例を挙げましょう。

 

 

以下がその一例です。

 

 

 

 

 

 

 

・モノマネにしか聞こえない歌い方

 

・大きすぎるバンドの演奏

 

・不要な感情の表現

 

・意味のわからない英語で埋め尽くされた歌詞

 

・寒いMC

 

 

 

 

 

などなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に、個性を逸脱した不要な目立ちが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別のページでもいいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌手になるためには歌唱力が必要なのではなく、

 

 

より多くの人が注目を集める技術が必要なんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、あなた自身が、ご自身の技術をどう思おうが関係ないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが自分の歌をどんなに素晴らしいと思っても、
 

 

あなたを評価する側の人間が首を横に振れば、一切の価値はない

 

 

ということです。

 

 

 

 

だからこそ、公開する

 

 

では、どのようにして客観性を身につければ良いのか。

 

 

それは、実際に聞いてくれた方の意見を参考にするしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、相手が良いと思ったものこそが、

 

 

本当に必要とされているということを理解するということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どのようにそのような場を設ければ良いのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、ライブをやったり、

 

 

友達に歌を聞いてもらって感想をもらったりすることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして先ほど説明した、インターネットで楽曲を公開すること。

 

 

すると、より多くの人から感想を頂くことができます。

 

 

 

 

おわりに

 

 

デビューするためには、より多くのファンが必要です。

 

 

ですから、自分よりもファンが「すごい!」と思わないといけないのです。

スポンサードリンク


 
必要な技術 歌がうまくなる方法 デビューするための音楽活動 お問い合わせ