歌手 歌唱力 必要

歌手になるために歌唱力は必要ない?その理由とは

歌手になるために歌唱力は必要ない?その理由とは

 

多くの人が、言いますよね。

 

 

「そんなに歌が上手いなら、歌手になればいいんじゃない?」

 

 

「歌手になるには歌唱力がいるよ。君には無理だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、確かに間違ってはいませんが、100%正解でもありません。

 

 

というのも、昨今の音楽業界では、歌唱力がさほど重要視されていないからです。

 

 

 

 

歌手=歌唱力は間違い

 

 

まずはじめに、歌手を扱う事務所のことを考えなければなりません。

 

 

あなたはなぜ、事務所がアーティストと契約しているかご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、「この子の歌は素晴らしいから、世界に届けたい」

 

 

なんて思っていない場合が99%です。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、“お金”なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

元来“歌が上手い人”が歌手としてデビューできたのも、

 

 

歌の上手さが珍しく、人が注目するからデビューできたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして注目すると、視聴率が取れたり、CDが売れたりして、お金が発生する。

 

 

だからこそ、歌手には“歌唱力”が必要だと思われていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし現在、“歌手”という職業は総合力が求められています。

 

 

これは、どういうことか。

 

 

端的に言うと、人を集められる人が、歌手になれるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、アイドル歌手なんかがオリコンチャート上位に入り込むわけですが、

 

 

彼ら・彼女らは明らかに歌唱力は劣っていますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

セミプロでも素人でも、彼女たちより上手い人は五万といるはずです。

 

 

しかし何故、彼女たちが“歌手”として活躍できるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは歌が上手いからではなく、

 

 

その容姿などが理由で、より多くの人の注目を集められるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に先ほど挙げた、セミプロ・素人で歌が上手い人が、

 

 

どうしてプロとして活動することができないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、“ウリ”が無いからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在歌が上手い人なんて掃いて捨てるほどいますから、

 

 

歌が上手いだけではダメなんです。

 

 

そこに何か、“その人が歌わなければならない理由”が必要なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではどうやって、その人が歌う理由を身につけるか。

 

 

これは、次のページで説明させていただきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくこのページでお伝えしたかったのは、

 

 

歌手=歌唱力ではない

 

 

歌唱力がなくても歌手にはなれる

 

 

この2点でした。

スポンサードリンク


 
必要な技術 歌がうまくなる方法 デビューするための音楽活動 お問い合わせ